*Little Prince*
Text Size :  A A A
|  Home  |  SHOP   |  ●Dattiのヒミツ  |  ●Datti使用方法  |  ☆titiのヒミツ  |  FAQ  |  Datti・titiカバーの作り方  |  お客様写真・レビュー  |  ご質問掲示板  |  About us  |  ♪ハッピーポイント♪  |  Diary  |  お問い合わせ  |  Link  |

○概要

カバーはキャリアーの背あて布部分のサイズに合わせて、袋状に縫い合わせて作ります。
ただし、全てを縫い合わせてしまうと、
 ・肩ベルト
 ・スリーピングフード
が使えなくなってしまうので、肩ベルトの通る袖と明き口を作り、スリーピングフードを収納するポケットを縫い付けます。

**ポケットの必要で無い方は、上部も縫い合わせてしまえば、さらに簡単に作っていただけます^^

***ショップで販売中のカバーには
   ・1枚仕立ての簡易な作り
   ・裏地つき、2枚仕立てのしっかりした作り
  の2種類がございます。
  今回「作り方」でご紹介しているのは、1枚仕立ての方法でございます☆


◇Point!◇
・ポケットの裏側にもマジックテープをつけ、本体とカバーがずれないようにすると便利です。
・カバーの裾(ウエストベルトの上)はゴムを入れると、浮きにくくなりフィットします。
・スナップの部分の布の強度を高めるため、何か補強するような物(接着芯など)をつけていただく事をお勧めします。

○はじめの準備

【材料】

 ・布(表と裏で生地を変える場合は2種類別の物を) 
  本体 50cm x 60cm x 2(裏・表)
  ポケット 23cm x 30cm

 ・スナップ補強用芯  3cm x 3cm

 ・マジックテープ 2 or 2.5cm x 21cm x 1セット

 ・ゴム 1.5cm x 60cm

 ・スナップ 0.8 or 1cm x 1セット


【事前準備】

・スナップ部分の補強芯(接着芯など)をポケット布の裏側に貼っておく
・ゴムは縫い代分1cmずつ重ねて輪にしておく

○作り方

Img_20d609729950cc73254a693712943288
Img_501e62b0d611b2d10cee83ea0d086a88
Img_28f250986f2ea4d7c4e734286679fa42
内側
① 【E】のポケットを作る
  *ポケット後ろ側の表と裏にマジックテープを縫い付け、中表に合わせたポケットの両脇(明き止まりまで)を縫い、ロックミシンをかける。

② 【A】 の口を三つ折にして縫う
  *前後それぞれ、計4ヶ所、縫い合わせる前に処理しておく

③ 本体の前・後とも、両脇にロックミシンをかける。

④ 本体を中表に合わせ、【B】の明き止まり以外の両脇を縫う。

⑤ ④で縫った両脇の縫い代をアイロンで割り、前後とも、それぞれ5ミリのステッチで押さえる。

⑥ 【C】の部分(【A】の端から【E】のポケットの端まで)を明き止まりまで縫う

⑦ ①で作った【E】のポケットを本体に縫い付ける。

⑧ ⑥で縫い合わせた部分、⑦でポケットと縫い合わせた部分にそれぞれロックミシンをかける。

⑨ ポケット部分に表から端ミシンをかける。

⑩ 【A】の両脇縫い代部分、及び、【B】の明き止まり部分をカン止めして強化する。

⑪ 【D】の裾を三つ折にし、輪にしておいたゴムを入れ、ステッチで押さえる。

⑫ ポケットにスナップボタンを付ける
Img_e4b41431eb9cce76710eabfb0ce309d4
⑤の脇の「ステッチ」
Img_2be8e2d0ccdbf84a02a6ff75bbc9d992
⑨のポケット「端ミシン」
Img_fe5b6bca524a6c9413b11f2253e65548
⑩の明き止まりの「カン止め」

○型紙送信サービス

メールにファイルを添付する形で型紙をお送り致します☆
ご入用の方はご注文の際、備考欄に型紙をご入用の旨ご追記いただくか、
メールにてご連絡をお願い致します。

【ご注意】
*型紙は本体A・B、ポケットの3つに分かれています。
*本体A・Bはつなげてご使用ください。
*縫い代を含んだ型紙です。必要の無い方は、内側の線で切ってご使用くださいませ。