*Little Prince*
Text Size :  A A A
|  Home  |  SHOP   |  ●Dattiのヒミツ  |  ●Datti使用方法  |  ☆titiのヒミツ  |  FAQ  |  Datti・titiカバーの作り方  |  お客様写真・レビュー  |  ご質問掲示板  |  About us  |  ♪ハッピーポイント♪  |  Diary  |  お問い合わせ  |  Link  |

●赤ちゃんの健全な成長を促すエルゴノミックスタイル

「脚はM型」

「背中はC型」

という言葉をお聞きになった事がありますか?

赤ちゃんにとって、脚は膝が軽く曲がり、開脚したM型、背中は背骨の湾曲に合わせて丸まったC型は、自然に近く、赤ちゃんにも負担が少なく、健全な発育を促す形だと言われています。

また、この姿勢は、ママのお腹の中にいた時と近い姿勢ですので、快適で落ち着くとも言われています。

Dattiは赤ちゃんの脚のM・背中のCを保持しやすい作りとなっています。
日本人の赤ちゃんに多い股関節脱臼の予防にも有効な、お子さまの健全な発育を考えたキャリアーです。

●パパママも快適なエルゴノミックスタイル

今までのベビーキャリアーは肩にのみ赤ちゃんの体重がかかってしまうスタイルでした。

これからは我慢しながらの育児とはさようならです。

Dattiはウエストにも体重を分散し、お使いいただく方の体へも負担のかかりにくい構造です。

今までのキャリアーは何だったの?
もっと早く出会っていたかった。

そんな嬉しいお声をたくさんいただいています^−^

●赤ちゃんの息づかいまでも感じられる安心抱っこ

小さい赤ちゃんはデリケートで、ちょっとした事で体調が急変してしまうこともあります。

そんな急変や異常に備えて、キャリアーは赤ちゃんの顔色や体の状態が常に観察できる物が望ましいとされています。

Dattiはちょうど赤ちゃんのおでこにキスができるくらいのポジション。
赤ちゃんの息づかい、愛しい寝顔、愛くるしい表情がばっちり見られる安心抱っこスタイルです。

●パッドの厚み・硬さにもこだわりあります

軽量化を目指したDattiですが、快適さも妥協はしたくありませんでした。

そこで、肩、腰部分のパッドの素材、硬さ、厚みなど、何度も何度も試作を重ね
(縫製担当者には無理ばかり言い、何度も喧嘩になりそうでしたが・・・^^;)

肩パッドはある程度の重さまでなら薄くても大差が無い事。
ウエストパッドは硬さ・張りのある物の方が、体重を効果的に支えられる事。

などなどの結果を踏まえ、
肩・・・幅広、薄手で張りのあるウレタンフォーム+厚手で弾力のあるスポンジクッション(取り外し可能)
腰・・・幅広、やや薄手で張りのあるウレタンフォーム+厚手で硬さもあるウレタンフォーム(取り外し可能)

という2本立てを採用しました。

結果、取り外し可能なパッドを使わなければよりコンパクトに、パッドを使えばより快適にと2つのわがままを叶える形が完成しました。

試作を試すやいなや、その場に居合わせた全員がびっくりして顔を見合わせました。
「肩ベルトって何?無くてもいいくらいじゃない!?」
殆どを腰で支える感覚、上半身は全くストレスのかからない状態だったのです!!

*これは、肩ベルトをクロスにし、ストラップの長さを調節する前(肩ベルトがとてもゆるく、殆ど肩ベルトに重さがかかっていない状況)でした。
安全に問題の無い範囲で肩ベルトをゆるくしてお使いいただくと、みなさまにも、この腰ベルトの感動を味わっていただけるかもしれません^^
ただし、このようにお使いいただくと、腰に負担がかかり過ぎますので、通常お使いいただく再には、肩ベルトの調節をし、肩・腰、全体に体重が分散するようにお気をつけください。
Img_50417598cd1f16978f1ec1430f0bf7da

●赤ちゃん快適、腿、腕クッション

Img_a167d6c49c6ebaf5981a9f3f0764fea7
赤ちゃんの体重がかかり、生地が当って跡がつきやすい、腿、腕部分には厚手のクッションが入っています。

赤ちゃんにもニコニコで使ってもらいたいから、Dattiの小さなこだわりポイントです。