*Little Prince*
Text Size :  A A A
|  Home  |  SHOP   |  ●Dattiのヒミツ  |  ●Datti使用方法  |  ☆titiのヒミツ  |  FAQ  |  Datti・titiカバーの作り方  |  お客様写真・レビュー  |  ご質問掲示板  |  About us  |  ♪ハッピーポイント♪  |  Diary  |  お問い合わせ  |  Link  |

●夏場に快適メッシュパネル、メッシュフード

Img_a2c30aa61bf5969b88ce47543df3e30d
キャリアー本体
Img_7552d47e00feec0fb175f7df4e9d9afb
ハンドメイドカバー(別売り)
赤ちゃんの不快指数も増す、暑い暑い日本の夏。

赤ちゃんの背中のあせもを見ると、親心としてはやはり、かわいそうに思ってしまいますよね。
少しでも快適に使っていただけるように、ボディ部分を思い切って全面メッシュにしました。

見た目にも涼しく、キャリアーの軽量化にも成功しました。

「寒くなったらどうするの?」

ご心配はご無用です。
着せ替えできるカバーを別売りで販売しております。
また、カバーは簡単な構造ですので、初心者ママでもご自身のオリジナルをお作りいただくこともできます。

ママとパパでデザインを替えたり、ご気分によって交換していただいたり、ハンドメイドで世界で一つのカバーを作ったりという楽しみも増えますね。

また、清潔に使いたいベビー用品ですから、数枚替えがあれば、お洗濯も頻繁にしていただけます。

スリーピングフードもメッシュ生地を採用しました。
赤ちゃんの様子もしっかり確認でき安心ですし、蒸れてしまい、汗でぐったりというのもありません。

●新生児から使えるカンガルーポケット

1つのキャリアーを長く使っていただきたいから、新生児(*注1)からでもお使いいただけるように、新生児用ポケットを付けました。

このポケットをお使いいただくことで
・小さな赤ちゃんがキャリアーの中で埋もれてしまうのを防ぎます。
・大きく開脚し過ぎないように、また、足が伸び切ってしまわないように、赤ちゃんの自然な姿勢を保持します。

お使いいただかない時には、腰ベルトの内側に収納していただけます。

*注1
生後約2週間、3.5kg以上の赤ちゃんからお使いいただけます。
首すわり前の赤ちゃんへのご使用は必ず手で頭(首)を支えてください。
ご使用の際は説明書を良く読み、正しくお使いください。
Img_ee6b8e1e37b42b08efb5df717df8d77a
Img_dda4b106f5b3e42dd3b3cfde1798ba80
Img_83e4d14e79735fab998bfabe47e5879c

●カンガルーポケットをおんぶ時のサポート機能として

少し大きくなり、おんぶができるようになると、カンガルーポケットはおんぶ時のサポート機能としてお使いいただけます。

新生児期の使い方とは違い、サイズを大きく調節し、足入れとしてお使いいただきます。

少し怖いなと思っていたおんぶにも、心強い味方です。

Img_64d3180144f292414fc5b0cb3f4fe86b
Img_aca3c0a5fe574f43bbede58f0a456216
*お子様のお尻は必ず支えてください!

●取り外し可能なパッド

装着するパパやママへの負担を大幅に減らしてくれる、大きな味方のショルダーパッド、ウエストパッドですが、場合によっては嵩張るし、見た目も悪いお荷物な存在に。

Dattiはショルダーパッド、ウエストパッドを取り外して、コンパクトにお使いいただくことも可能です。

お子様のご成長によって、また、お使いになる状況、お好みによって、着脱してお使いいただけます。
Img_f0f158a7bcb602685749f3da56e85356
Img_1362e18f7734611de9594500417cb8ec
*本体と同色のパッドが2個付属します

●秘密のポケット付きヘッドパッド

お子さまが寝てしまった時、頭がガクッと倒れてしまって、ドッキリ

そんなことはありませんか?
Dattiには、取り外し可能なヘッドパッドが付いています。
お子さまが寝てしまった時の頭部のサポートとして、首すわり前のお子さまには首支えのサポートとして、とても便利にお使いいただけます。

従来のヘッドパッドは硬い板が入った物が多いのですが、Dattiのパッドは板が入っていないクッションタイプです。
お子さまの背骨の健全な成長を妨げず、赤ちゃんも快適です。

更に秘密はヘッドパッドの内側に付けたポケットにあります。
お子さまの首の後ろ部分にあるこのポケットに、小さく折りたたんだタオルなどを入れていただくことで、お子さまの首をしっかりと優しく支えることができます。
専門に学ばれた助産師さんのご意見を取り入れました。
お子様の首の後ろの隙間に沿うように、タオルの位置、厚み等を調節してください。
Img_edcd7f4c69078dc39a1ee371d512a2ed
Img_95af6aa1d5f7daa8280d55ca9cbe1934