*Little Prince*
Text Size :  A A A
|  Home  |  SHOP   |  ●Dattiのヒミツ  |  ●Datti使用方法  |  ☆titiのヒミツ  |  FAQ  |  Datti・titiカバーの作り方  |  お客様写真・レビュー  |  ご質問掲示板  |  About us  |  ♪ハッピーポイント♪  |  Diary  |  お問い合わせ  |  Link  |

【新生児抱っこの基本】

お子様の足は
a)膝を曲げ、自然に開脚したM字型、
もしくは
b)あぐらを組むのどちらかにし、
重心がお尻にかかり背あて布にしっかり着地するようにしてください。

「重心がお尻にかかる」のイメージですが、大げさに言うと、地面に尻もちをついた時を
ご想像いただくと、わかりやすいかもしれません。
お子様の膝(ヒザ)はお尻よりも上に来るようにします。【A】
わかりづらい場合は、あぐらを組んでいただくと、どういった体勢になればいいのか
分かり易いかもしれません^^

腰ベルトを上(ハイウエスト)に留め、肩ベルトをゆるめに調節していただくことで
・小さなお子様が埋まり気味になるのを防ぎます。
・背あて布にゆるみができ、袋ポケット状の余裕・空間ができるので、安定してお尻で座ることができます。【B】

お子様の姿勢は、スリングを使い、新生児期の縦抱きをするのと同様になります。
**お子様の首はしっかり支えてください!!

Img_f1cd08e07bccb8ae4a6d36115313b0af
腰ベルトを上に留め、肩ベルトもゆるめる
Img_080d8805be24955ecbf4fa4208cb634e
【A】お尻に重心がかかり、膝はお尻より上に
Img_e171898f905c000da7247c718a9f8425
【B】キャリアーのお尻部分に袋状の空間ができます

【ブリッジベルトを先に留めておく方法】

  **お子様の首はしっかりと支えてください!

①ウエストベルトを先に留めておきます。
  *肩バックルは外し、ブリッジバックルは留めておきます。肩ベルト部分が「H」のような形になります。
②膝(キャリアー)の上にお子様を寝かせ、カンガルーポケットをかぶせ、ポケットに付いているフックを本体表側のDカンに引っ掛けます。
 お子様の足をM字かあぐらの形に整えます。
  *ポケットのフックはしっかりと確実に留まっていることを確認してください。
  *お子様の足は無理に引っ張ったり、開脚させ過ぎないようにしてください。
③お子様の首をしっかり支え、ブリッジベルト部分を持ち、装着者の頭をくぐらせます。
④肩ベルトのバックルを留めて完成!

  *肩ベルトはクロスにしてお使いいただくこともできます。
   また、肩バックル、ブリッジバックルの留め方は色々な方法がございますので、お試しくださいませ。 

Img_56ca90cb6b4d62d43c18d29f2c44a8d2
Step 1
Img_4218479cc2dc5cebaf94031173786193
Step 2
Img_9b1177e79c35775cf8659566eb587c34
Step 3
Img_64e986ea4bf51fefd058f1fb2d438aca
Step 4

【ソファやイスの段差を使う方法】

  **お子様の首はしっかりと支えてください!

①お子様をキャリアの上に寝かせ、ポケットをかぶせ、ポケットに付いているフックを本体表側のDカンに引っ掛けます。
  *ポケットのフックはしっかりと確実に留まっていることを確認してください。
②ウエストベルトを留める。
  *イスやソファの段差を利用するので、装着が簡単にできます。
③お子様の足をM字かあぐらの形に整え肩ベルトを掛け、ブリッジベルトを留める。
  *お子様の足は無理に引っ張ったり、開脚させ過ぎないようにしてください。
  
  *肩ベルトはクロスにしてお使いいただくこともできます。
   また、肩バックル、ブリッジバックルの留め方は色々な方法がございますので、お試しくださいませ。       
Img_2a53ff09950c5e5d360d532a9d422598
Step 1
Img_343e5244059ae47e412cb719517052a0
Step 2
Img_172f2d2949abaf7f42aa67cc62661030
Step 3

【クロススタイルで使用する方法】

**お子様の首はしっかりと支えてください!

①ブリッジベルトは外し、ウエストベルトは留めておきます。
 肩ベルトのバックルも外し、肩側のベルトの長さを長くしておきます。
②お子様をキャリアーの上に寝かせ、カンガルーポケットをかぶせ、ポケットに付いているフックを本体表側のDカンに引っ掛けます。
 お子様の足をM字かあぐらの形に整えます。
  *フックはしっかりと確実に留まっていることを確認してください。
  *お子様の足は無理に引っ張ったり、開脚させ過ぎないようにしてください。
③お子様の首をしっかり支え、たて抱きし、肩ベルトを片方ずつタスキ掛けします。
④肩ベルトのバックルをしっかり留めて完成です!
 
Img_af9b93bf3f6b083b04564adaaa4fae89
Step 1
Img_13202236b17f7a31b9f36ef43f394513
Step 2
Img_425fd3b4fe4477c2d569d363b6d3d159
Step 3
Img_5976d7d1c4e3d508d07b55530f54fb59
Step 4