*Little Prince*
Text Size :  A A A
|  Home  |  SHOP   |  ●Dattiのヒミツ  |  ●Datti使用方法  |  ☆titiのヒミツ  |  FAQ  |  Datti・titiカバーの作り方  |  お客様写真・レビュー  |  ご質問掲示板  |  About us  |  ♪ハッピーポイント♪  |  Diary  |  お問い合わせ  |  Link  |

【Q】肩が楽だと聞いていたのですが、いまいちしっくり来ません。

一般的に、お子様と装着される方がピタッと密着していると、体重がしっかり分散され、楽に感じられますので、
①腰ベルトを下の位置でお付けいただいている
②肩ベルトをゆったりめに調節している
場合、肩への負担が多くなる事が多いのですが、腰ベルトの位置と肩ベルトの長さはいかがでしょうか?

ただ、腰ベルトは
・思ったより下の位置(骨盤の少し上辺り)で
・ゆったりめに
留めると楽というお声が断然多いので、腰ベルトを上下にしてみて、色々な位置でお試し下さいませ。

また、ブリッジベルト(抱っこの際、背中に留めるベルト)の位置や長さを調節していただくと、加重のかかるポイントが肩〜背中に変わってまいります。

お写真をお送りいただき、実際にお使いの状況を拝見してのアドバイスもさせていただいておりますので、是非ご利用下さいませ。
(Click!)

【Q】抱っこをする時、背中にあるブリッジベルトがとめられないのですが

肩ベルトをかけてから、ブリッジベルトをお留めになる場合は、あらかじめブリッジベルトの位置を調節しておき、手を上からまわし首の後ろで留めるか、手を下からまわし背中で留める方法がございます。

その方法が難しい場合は、他にもいくつか方法がございますので、一度お試しくださいませ。
・肩ベルトをクロスにして留める
・ブリッジベルトだけはあらかじめ留めておき、肩ベルトのバックルの着脱によって装着する。
・肩ベルトをかける前に、背中でブリッジベルトを留め、その後、下から肩ベルトを持ち上げ、肩にかける

使用方法の「抱っこ」にも写真付きでご説明してございますので、ご参考にしていただければ幸いでございます。
Img_a57364d42e0affac3522d527946142d0
クロススタイル
Img_a620737b2176a21a85a6c0fb02991c38
頭から
Img_bc1e5d13e0eab2afb65c7e6784f66614
Img_90ddc90c0eff8f238546b9b6f7d85632

【Q】このタイプのおんぶ紐は、おんぶが難しいと聞きましたが

イスやソファがある場所ですと、おんぶでも、安全に、簡単に装着していただけます。

さらに、お子様が自分で歩けるようになり、自ら進んで背中に乗るようになってくれると、イスやソファが無くても、楽にできるようになりますよ。

立ったままおんぶができると、外出先でも数秒でサッとでき便利なのですが、慣れていない方ですと、「赤ちゃんを落としそうで怖い」という方が多いですよね。
そんな時は、カンガルーポケットをおんぶのサポート機能としてお使いいただく事もできます!

詳しくは、使用方法の「おんぶ」に写真付きで載せてございますので、ご参考にしていただけると幸いでございます。
Img_30507217db8a66dff6806dd0b4100a48
Img_17012e9695a0b0822704b7bcbe4cd80a
Img_bea03fad3e2422d38850d5aa260d48f3

【Q】おんぶで子どもが寝てしまうと、頭がガクッと後ろに倒れてしまい心配です

【A】スリーピングフードかヘッドパッドをご利用いただく事をお奨めいたします。

特にヘッドパッドは肩ベルトとも連結しておりますので、パッドのすき間から頭が出て倒れてしまうという心配もございません。
また、ヘッドパッドに特別に付けられた秘密のポケットにタオル等を入れていただきますと、お子様の首とパッドの間の空間が埋まり、安定感が増します。

ヘッドパッドはあらかじめ付けておかなければいけませんが、スリーピングフードはお子様が予想外に寝てしまった時でも、ポケットにしまっておけば、サッと出して装着でき便利です。
また、使わない場合でも、フードをクルクルと巻いてポケットに入れておくと、頭部〜首を支えるクッション代わりになって便利です。

ヘッドパッドも、スリーピングフードも取り外しができます。
お子様の好き嫌いや、状況に応じてお選びいただける点も好評です。
Img_a237e684667c827e83cc82169027cde3
ヘッドパッド
Img_0626e3a6e3fa3be51bfbb7c41a0bc811
スリーピングフード

【Q】子どもがまだ小さく、キャリアーに埋もれてしまいます。

【A】
まず、腰ベルトはハイウエスト気味(上)に留めみていただけますでしょうか?

また、肩ベルトの長さを調節していただくことでも、お子様の位置が上下致します。
お使いになる方によって、快適ポイントが変わって参りますので、一度調整をしてみて
いただけますでしょうか?

それでも状況が改善しない場合は、お尻の下にタオル等をひいて、底上げしていただくのも
おすすめでございます。

ご不安がございましたら、必ずご連絡くださいませ。
その際、現状を拝見すると、細かいアドバイスをさせていただけるかと思いますので、
出来ればご使用中のお写真を添えていただけると幸いでございます。
お写真を使ったご質問はこちらでお受けしております。
是非ご利用くださいませ^^
(Click!)